婚活ノウハウ

婚活男性が初デートを成功させる5つのポイント

結婚相談所ココベルの代表婚活カウンセラーの西村勇人です!

今回は、婚活男性が初デートでこのポイントを押さえることが出来れば次のデートにつながる、すべての婚活男性に知っていただきたい5つのポイントをご紹介します。

婚活男性はもちろんの、婚活女性にも共感してもらえる内容になっています。これから紹介する5つのポイントを押さえていただき、今後の婚活が少しでも良い方向に向かえば嬉しいです。

目次

待ち合わせに遅れない

ご縁があって実現したデートですので、遅刻は厳禁、お相手の時間を大切にして、お互いに楽しく過ごすことが大切です。

どういうこと!そんなの当たり前じゃないの?

はい!もちろん当たり前なんですが、ただ電車が遅延したり、急な用事ができた……など、想定外のことや回避できない出来事が起こる可能性はありますよね。

でも、それらの事情は待つ側のお相手には関係が無いこと。

だいたい30分前には待ち合わせ場所に到着して、今日のお見合いやデートの予習をするぐらいの余裕を持ちましょう。

最悪な例は、当日直前に自分の都合で待ち合わせ場所と時間を変更することです。

これはココベルの女性会員さんの実際の体験談です。

LINEで場所と時間の変更の連絡が来たのが待ち合わせ10分前。

「すみません、待ち合わせの場所を◯◯に変更してもらっていいですか?それと、待ち合わせの時間に20分くらい遅れそうです」

最初の待ち合わせ場所から徒歩5分ほどしか離れていないので、そのくらいの距離でなぜ変えるの?と、その女性会員さんは不思議に思ったそうですが、答えはすぐに分かりました。車で来たため、駐車場から近い場所にその女性会員さんを誘導したのです。

女性会員さんも大人なので雰囲気を悪くしないため、その日は終始ニコニコと笑顔でやり過ごしましたが、「はっ?オマエ中心かよ!」と言ってやりたかったのが本音ですよね。

見た目も、条件等もそこそこ良かった彼でしたが、当然そのお見合いはお断りしたそうです。

到着時間が読みにくい車で初デートに行くことはオススメ出来ません。公共の交通機関を利用しましょう。

時間にルーズな男は、女にも金にもルーズ、という言葉がありますが、このような絵にかいたような出来事がけっこう存在します。あなたは大丈夫ですか?

話すテンポはゆるやかに、本心を話す

さて、30分前ぐらいに待ち合わせ場所に到着して、現れた彼女に、元気よく爽やかに挨拶が出来たら、まずは第一段階クリアです。

目的地へ徒歩で移動中に何を話しますか?

今日の天気や、最近読んだ本、来る途中に見たネットニュース話題……などなどたくさんありますよね。

でも、大切なのは話の内容よりも、話すテンポ、会話のテンポなんです。

デートが嬉しくて舞い上がってしまう気持ちはよく分かります、しかし、自分の話しだけを話し続けるのは完全にNGです。

会話が盛り上がるまではなるべくいつもの2倍ぐらいゆっくり話すことを意識してみると良いでしょう。

また、街中を徒歩で移動している時など、周囲の騒音や雑音が気になる場所では、お互いの声が聞こえにくくて、人混みの中を会話しながら歩くのは難しいんです。

聞こえないため聞き返すことが何度も続くと、面倒になって相槌を適当に打ってしまったり。

そんな勿体ないことはありません…。

だからと言って無言で歩き続けるなんてのは完全アウト。

ですので、身長差があるカップルほど、女性は声を張らなければならないため、男性は少し屈むようにして、女性の顔に耳を近づけてあげましょう。これは二人の距離が自然な形で近くなるテクニックでもありますので、ぜひ覚えておいてください。

バスや電車での移動なら、周りの乗客に迷惑をかけないように、顔を近づけて小声で話すことになりますよね。ちょっと想像するだけで、ドキドキしてしまいますよね!

この距離を縮めるテクニックと公共交通機関を、大いに活用して頂き、さりげなく距離を縮めて行ってください。

さりげなく距離を縮めることがポイントです!

また、男性のお見合いや初デートでは、自分が話すのは2割、相手の女性の話を聞くのが8割がちょうど良いです。女性は自分の話に興味を持ってしっかり聞いてくれる人に好感を得ます。

女性にたくさん話してもらうことで、男性は好感度が上がります!

女性は、「あれ?気付いたらたくさん話しちゃった。この人と話しているとすごく楽しいな!」とあなたへ少しづつ好意を頂き、デート成功への可能性が上がるのです。

もし、女性があまりお喋りが得意じゃない場合。

無言が怖いので、ついつい、男性は頑張ってしまいますよね、もちろんデートを盛り上げようとする努力はOKです!

でも、そんな沈黙の時間自体を楽しんでほしいとも思います。

一緒にただボーッとしてるだけでも、きちんと時間を二人で共有しているのですから。

無理しなくても、その時に思いついたことを口にするだけでも、あなたの人となりや本心が表れて良いと思います。過度な無理はしなくても良いんです。

お相手への思いやりを持って一緒に時間を過ごすことが大切なんです。

エスコートは「説明書」どうりに

移動中も楽しくお話して、いよいよ目的地に到着しました。

初デートなら、多くの場合は食事で決まりでしょう、男性の力量の発揮どころです。

お互いに食の好みが分かっていれば候補先は絞れます。

何を食べたい気分?アレルギーはある?食べ物の好き嫌いは?

予め事前にリサーチしておけば、食べログ等でオススメを検索すればいいので簡単です。

可能ならデート前日までに食べ物に関して擦り合わせをしておき、いくつかお店の候補をピックアップしておいて、彼女に選んでもらいましょう。
例えば肉系なら、焼肉、ステーキ、ハンバーグ、しゃぶしゃぶ、といった感じでカテゴリーに分けて候補のお店を見つけておきましょう。

女性から、「重たいのはちょっと、なるべく軽めの方がいいな…」という要望があるかもしれません。

ここで、女性の希望を優先させながら、自分でお店を決定するテクニックをお伝えしましょう!

「それなら、自分たちでメニューや食べる量を決められるお店にしよう!」

と言ってあげれば、あたかも彼女の希望を優先させたように、あなたが最終決定することが出来ます。(ほとんどのお店は、コース料理を選ばなければメニューや量は自分たちで選べますからね。)

予めリサーチして選択肢を作っておき、彼女に選択させ、彼女の好みに合うようにエスコートをすることが大切なポイントです。

予めリサーチをしているかどうかは、あなたのデートに対する熱意や本気度を測ることができるため、いかに彼女との時間を大事に考えているかをアピール出来る絶好のチャンスです。

女性の立場になって考えれば、楽しみにしているデートで、「笑笑でいい?」「魚民でいい?」と言われたら…とてもショックだと思います。

さらに曜日や時間帯、シーズンによっては多くの居酒屋はとても混み合っているので、タイミング良く入れたとしても騒がしくてデートの雰囲気ではないでしょうね。

そういうわけで、同じ店でも曜日や時間帯によって混雑状況は変わるので、どれほど下調べをすることが大事かは、お分かりいただけたと思います。

「エスコートなんて出来ないよ〜」「したことないよ〜」、という方でもご心配無用です。

ちゃんと初デートの説明書がございます。

”エスコート”とは「男性が女性に付き添う」という意味であり、「自分中心」でないことが女性に伝わればOKなんです。

・事前にリサーチして、お店の選択肢を準備しておくこと
・女性が軽めの食事を希望するなら、色々選べる店にすること
・ヒールをはいているなら、ゆっくり歩くこと
・車道を通る時は、女性を歩道側にすること

シンプルだけど、けっこう出来てない婚活男性多いんですよね〜

要するに「自分中心」ではなく、女性中心で行動すればOKなんです!

お会計は「奢る」一択です

美味しいお酒とお料理で楽しく過ごし、デートの終わりが近づいて来ました。

今日の感じからすると、これからも仲良くやっていけそうだな…なんて思うのは大間違いですからね!

最後の大切な試験が待ちかまえているのです。それは、「お会計」です。

『初めてのデートだし、まだ正式に付き合っているわけでもないので、ワリカンでも良いかな、彼女もお財布を出して、お支払いをする様子だし。』

さて、あなたはこの状況でどうしますか?

①「じゃあ、今日はワリカンで!助かるよ。ありがとう!」
②「◯◯ちゃんは1,000円だけでいいよ!後はオレが出すよ!」
③「今日はデートできて嬉しかった、お会計しとくので先に店出てて。」

正解はもちろん③です。

デートした女性とこの先も真剣にお付き合いをしたいなら、これは鉄則です!

なんでワリカンはダメなの?女性もお財布を出して払おうとしてたよ?と言った声が聞こえてきそうですが…。

女性にとっては「安心して僕と一緒にいていいよ」と包み込むくらい、男性には自分を大きく見せて欲しいのです。

ダメな回答は①と②。

「えっ!マジで、この男セコいな。オマエと過ごした時間返せ、バーカ」

少し極端な表現ですが、多くの世の中の女性は、そんな小さい男と過ごせるほど、ヒマではないのです。

「時は金なり」です!

ちなみにそんなふうに思わない純真無垢な女性も一定数は存在しますが、そのような女性はとても希少ですので、頑張って次に繋げる努力をしてください。

また、あなたがその女性に対して「次のデートは無いな」思ったら、その意思表示としてワリカンにしてもらえばいいのです。勘のいい女性なら気づくと思います。

次につなげる!デート後には連絡を!

ここまで全てのポイントを問題なくクリア出来たら、デートは成功と言って良いでしょう!

デート後にはぜひ男性から次回のデートの約束をしてください。デート中に次のデートの約束が出来れば最高ですが、念押しする意味でも、「今日はとても楽しかった!次もすごく楽しみにしてる!」という一言を必ずLINEで伝えましょう。

男性から始まるLINEって、女性には響くものなんです!

既読が付かなかったり、返信がすぐに来なくても、LINEの追撃送信は絶対NGですからね。

もし、ここまで全力で頑張っても良い反応を見せてこない女性であれば、さっさと諦めて次に行きましょう!

精一杯頑張っても想いが伝わらない人を諦めても、あなたの人生にはなんらマイナスはありません。逆に、頑張った自分を褒めてあげてください!

必ず成果はでます!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

初デートは、2日目のお見合いと言われるくらいとても大事なんです。

もし、この5つのポイントを押えていなかったり、間違った認識を持っていた場合は、【即改善】【即行動】でお願いします。

二回目のデートに繋げられたら、後はあなたの魅力と更なる努力に期待します。

世の中の婚活男性のみなさん、頑張ってください!