婚活ノウハウ

男性に奢られ慣れていない女性の心理とは?

こんにちは、東京・横浜の結婚相談所ココベルの代表婚活カウンセラー西村勇人です!

婚活女性の中にもたまにこのような方がいます。

「男性に奢られるのちょっと苦手なんで、キレイに割り勘にしてもらった方がラクなんです」と言う女性。

一方で、

「男性のくせに奢ってくれなかった」とか。

「自分から誘っておいて割り勘なんて信じられないんだけど!」という女性もたくさんいるのに、とても対照的ですね!

男性が奢ってくれるなら、そこは気持ちよく奢ってもらうべきです。

奢られなれするには?

でもおごられ慣れしていない女性にとっては、けっこうハードル高いですよね。

解決策はとっても簡単で、一度自分が誰かに奢ってみればいいのです。

例えば、会社の後輩や学生時代の友人など。

 

自分がおごる側の立場になると分かること。

 

それは、

「この人におごって良かった!次もご馳走してあげたい!」と思う人と。

「えっ?反応うすっ!お礼の一言も無いならもうご馳走するの止めとこ!」と言う人に分かれます。

また、せっかくご馳走してくれたのに申し訳なさそうにされるのもあまりよろしくない(笑)

大事なのはリアクション?!

逆に、財布すら出さなくても。

「今まで食べた料理の中で一番美味しかったです!また連れてってください!」とちょっとくらいオーバーリアクションで言われたら。

「仕方ないなぁ〜(^^)」となるのです。

「食事のおごられ方で相手の男性を気持ちよくさせる」

モテ女はみんなコレやってますよね!

 そうです!リアクションが大事なのです。

女性が気持ちよく奢ってもらえれば、男性は「またご馳走してあげたい」と思ってくれるに決まってます。

奢ってもらうのことに気が引けてる女性は、自分が奢る側になったことがないのです。

まとめ

他の人にご馳走して、「とても美味しかったです!またぜひお願いします!」って言われると結構気持ちいいもんなんですよ(^^)

男性に奢られ慣れてない人は、一度他の人にご馳走してみて、おごる側の心理を体験してみることをオススメします。