婚活ノウハウ

結婚相談所の仮交際って何?入会から成婚までの流れと一緒に説明!

こんにちは、東京・横浜の結婚相談所ココベルの代表婚活カウンセラー西村勇人です!

結婚相談所では、仮交際と真剣交際の2段階に交際が分かれています。

一般的な出会いや恋愛とは交際における認識が少し違うため、知らないと悪気無しにお相手に失礼にあたることをしているかもしれません。
今回の記事では、仮交際の説明と入会から成婚退会までの流れについてご説明していきます。

目次

結婚相談所の仮交際って何?

結婚相談所における仮交際とは、今後真剣に結婚を考えて交際を続けていくお相手を、一人に絞っていく期間です。

お見合いをして、「もっと話がしたい」「また会いたい」と、思えたなら仮交際へ進見ましょう。この段階では、複数人と並行で交際をすることが可能です。

ここで言う交際とは、恋人というよりお友達の関係ですので、一般的な恋人のようにキスをしたり手を繋いだりするのではなく、食事やデートを重ねて二人の仲を深めていったり、お相手見極め期間とも呼ばれ、結婚を前提にお付き合いをしたいと思うお相手見つけるために、複数名と同時進行でお見合いやデートを進めていきましょう!

仮交際と真剣交際の違いって?

結婚相談所における「交際」は、大きく分けると「仮交際」と「真剣交際」の二つです。

結婚相談所での仮交際とは、「お見合いをした相手のことをもう少し知りたいと思い、結婚を前提に交際するかどうかを見極めている状態」のことです。

仮交際の期間は恋人同士ということにはなりませんので、他の方とのお見合いや、複数の異性と並行して仮交際をすることができます。

結婚相談所の中の真剣交際とは、「結婚を前提に付き合っている状態」のことを指します。

真剣交際の期間では、結婚

前提としてカップルとなり、結婚相談所のステータスが交際中になるため、他の方の紹介を受けたり、複数の方と並行して真剣交際を行ったりすることはできません。

結婚相談所の入会後の流れ

結婚相談所へ入会してもすぐに結婚が決まるわけではなく、ステップをいくつか踏んでから成婚に至ります。

IBJ日本結婚相談所連盟では、お見合いをしてからプロポーズまでの期間は概ね3ヶ月程度(延長可能)となってますが、しっかりとお相手と向き合いながらステップアップできるので、自分の希望に合うパートナーを見つけやすいです。

先ずは、入会から成婚までの流れを知って焦ることなく慎重に婚活を進めましょう。

1・入会登録

結婚相談所の入会後は、先ず最初にプロフィールシートを作成します。結婚相談所では、年収証明や学歴証明書などの提出が必要になるため、プロフィール公開前までに証明書等を揃える必要があります。また、ご自身の人柄や魅力が伝わるピーアールコメントを婚活カウンセラーと一緒に考えながら作成していきます。

プロフィール写真は、角度やポーズによってその人の印象が大きく変わりますので、自分でスマホで撮るのではなくプロのカメラマンに撮影してもらうことをお勧めします。

2・お相手検索

無事プロフィールを作れたら、次はお見合いしたいなという人を探していきます。結婚相談所では自由に相手を探せるので、年齢や年収、学歴以外にも、結婚歴や出身地など自分の好みに合わせて探すことが出来ます。

3・お見合い

結婚相談所では写真やプロフィールを見て会ってみたい相手にお見合いを申し込みます。相手からもOKの返事をもらえれば、いよいよお見合いです。

お相手に挨拶をしたら、お見合いが始まります。お見合いは1時間程度で、お互いの職業や趣味、プライベートな話などをしていきます。この1時間は、相手の長所や共通点を見つけるためのとても重要な時間となります。

結婚相談所では、希望の日程やエリアを担当カウンセラーに伝えて、お見合いの日程調整を行ってもらいます。日程を決める時は、相手を待たせないように、できるだけスムーズに決めましょう。

4・仮交際(プレ交際)

お互いが共に交際希望となった場合に交際がスタートし、頻繁に連絡したりデートをしたりして仲を深めていきます。交際スタート後は、一般的な恋愛と同じようにフィーリングや価値観、将来について話し合い、これから一緒に過ごしていけるかどうか確認していきましょう。

また、仮交際中は同時に複数の人とお付き合いすることも可能です。しっかりと一人ひとりと向き合って結婚相手として将来を一緒に見据えていけるのかを見極めましょう。

5・真剣交際

真剣交際とは、その名の通り結婚に向けて1人のお相手と真剣に交際をしていく期間になります。仮交際で何度かデートを重ねて「この人だ!」とお互いが思った時に、真剣交際に進みます。

結婚を前提としたお付き合いとなりますので、2人で結婚後のイメージや、結婚観をじっくりとすり合わせていきましょう。

6・プロポーズ

真剣交際まで進めたら成婚(婚約)まであと一歩です。
真剣交際期間にお二人で結婚について沢山話し合っていただき「結婚したい」「この人ならずっと一緒にいたい」「離れたくない」等、結婚したいという気持ちがあるならプロポーズをしましょう!

お見合いのお相手と真剣交際を経てプロポーズするまでの期間は、基本的には3ヶ月を経過するまでに成婚するかどうかの意識確認が結婚相談所のルールとなっております。

たった3ヶ月!って多くの方は短いと感じるかもしれませんが、元々真剣に結婚を考えている方が結婚相談所に登録するため、3ヶ月以内で成婚するカップルはたくさんいるのです!

7・成婚退会(婚約)

プロポーズをしてお相手から承諾の返事をいただいたら、念願の成婚退会となります。
※ここでは成婚=婚約であり、結婚ではありません。

結婚相談所を成婚退会し、結婚に向けての準備を進めましょう!

仮交際から真剣交際へ発展するためのポイント

仮交際中は食事やデートを重ねて価値観やフィーリングなどお相手のことを知っていきましょう。その後も「もっと一緒にいたい」「結婚を前提にお付き合いしたい」など、お互いが「この人だ!」と思った時に、結婚を前提として真剣交際に進みます。

また、仮交際から真剣交際へ発展する期間としてはだいたい1~2ヶ月くらいが目安になります。仮交際を長い期間ダラダラと続けていると、別の方とのご縁を逃がし婚活状況も悪くなってしまう可能性もあります。

1・仮交際中のやりとり

お見合いが成立したらそれぞれのカウンセラーからお相手の連絡先を教えてもらいます。

まずは、男性側からファーストコール(お礼の挨拶)で次の初デートの約束をし、その後は、LINEやメール、電話、デートなどをして二人の仲を深めていきましょう。

2・デートの頻度と内容

仮交際中のデート頻度は、週に一度が目安です。
お互いにまだまだ慣れていないうちは、軽くランチや仕事帰りの食事など、1~2時間程度のデートがおすすめです。

最初から長い時間デートするよりも、お相手が短いと感じるくらいの時間が丁度良く、その方が、「まだ話し足りない」「早くまた次会いたい」などと、次のデートへ繋げていける可能性が高くなります。
慣れてきたタイミングでデートの時間を長くしていきましょう。

3・仮交際から真剣交際へ進むタイミング

仮交際から真剣交際へ進みたい時はその相手を一人だけ選びます。お相手に対し結婚したい気持ちがどれくらいあるのかもう一度整理してみましょう。
「結婚を前提に真剣に付き合いたい」「前向きに結婚を考えていきたい」など、そのお相手と結婚している姿をイメージできるなら迷うことなく真剣交際へ進むことをおすすめします。

仮交際から真剣交際へ進むタイミングというのは、二人の結婚に対する気持ちが同じなのかどうかが最も重要なポイントです。お相手の女性が告白を待っているかもしれませんので気持ちは早めにを伝えるようにしましょう。

まとめ

結婚相談所に入会後は、お見合い、仮交際、真剣交際へ進む流れとなっています。
一般的な恋愛とは違って、結婚相談所の仮交際では、複数人とお付き合いをしてその中から一人を選んで真剣交際へと発展します。

段階を一つずつ踏んでしっかりお相手と向き合うことができるのが、結婚相談所で婚活する強みとなります。

このように、結婚相手を見極めるための仕組みがしっかりと整備されているため、結婚相談所の成婚率は高いのです!

このような婚活を自分ひとりだけで行うことは現実的にかなり難しいと思います。今まで自分流の婚活では上手くいかなかった…という方は、婚活のやり方を見直して見ませんか?